topへ

色打掛

Irouchikake

衣装:紫地立涌牡丹(ハツコエンドウ)

白以外の打掛を総称して色打掛といい、式の際に着る白無垢とともに最高位の和装とされます。武家の女性が小袖を着て帯を締めた上に、羽織のように掛けて着ていたことから打掛と呼ばれました。角隠しや綿帽子をつけることで清掃として挙式でも装うことができます。華やかな刺繍や織り、染め、箔などで描かれた縁起の良い模様は幸せのしるしとして用いられています。