topへ

引き振袖

Hikifurisode

衣装:黒地花舟流水(ハツコエンドウ)

未婚女性の第一礼装で、別名「お引きずり」とも呼ばれ、裾を引きずるものを引き振袖という婚礼衣装です。江戸時代には、武家の娘の黒引が一般的となり、また袖を引く優雅な動きから、女性の奥ゆかしさや魅力を引き立ててくれる装いとして人気の和装です。 帯や帯揚げ、小物などで花嫁の新たな美しさを楽しむことができるのも引き振袖ならではです。