topへ

伝統と文化が息づく純和婚式

Hamadaya Wedding Style 1

「濱田家」の名は、花街と知られた芳町(現在の人形町周辺)の置屋「濱田家」に始まり、当時、有名で日舞に秀で才色兼備の誉れが高く名実ともに日本一の芸者であった川上貞奴より、その名を初代三田五三郎が譲り受けたことにより料亭「濱田家」が誕生しました。以来、百余年料亭として伝統を守り続けております。 深い陰影を宿す聚落壁の室内に、木のぬくもりと微かな畳の香りが漂った、伝統が息づく、和やかな和の空間の中で、大切な方をお招きして心に残るご婚礼を挙げていただけますよう心を尽くしてお手伝いいたします。