topへ

伝統を支える 技と感性

長い歳月をかけて、本髄の味を守りつつ研ぎ澄まされてきた濱田家の料理は、その総合力を誇ります。一品一品に加え、しつらえやもてなしの心配りが、出すぎず下がりすぎない、慶事の雰囲気を作り出しています。日本料理の伝統を守りながら出汁を引き、四季折々の旬の食材を用いて、味覚にも視覚にも季節感を演出。特に日本料理で重要とされる「椀」の味付けには、もてなしの魂が込められています。例えば、夏の暑さが続くときには、塩気を少し強くするなど、お客様のことを考えながら、より満足していただけるように修正をしていきます。季節を映し出す庭を背景に、五感でも四季を味わっていただき、至福の祝宴を心の中に深く残していくことが、濱田家の料理に込める思いです。

濱田家のお料理は、伝統的な会席料理です。その日、濱田家で披露宴を挙げる方のためだけに心を込めておつくりします。 一皿ひと皿に季節感を凝縮し、その料理がお祝いの意味をもつ器に盛られて、濱田家の婚礼料理は完成します。特に日本料理で重要とされる「椀」の味付けには、もてなしの魂が込められています。例えば、夏の暑さが続くときには、塩気を少し強くするなど、お客様のことを考えながら、より満足していただけるように味の修正をしていきます。日本料理の新たな可能性を追求し、五感で料理を楽しんでいただけるよう、晴れの日に召上っていただきたく存じます。